半年で職場の星になる!「働くためのコミュニケーション力」という本はタイトルだけでもヒントだらけで気づきがあります。

半年で職場の星になる!「働くためのコミュニケーション力」という本は、そのタイトルだけでもヒントだらけでたくさんの気づきがあります。

ご自身が「深く悩み、考え、気づき、切り抜けてきた」経験を読者の腑に落ちるようなわかりやすい文章で教えてくれます。

そのことは、本のタイトルにも表現されています。

書店で本のタイトルを見つけただけでも感性鋭い人には気づきがあるだろうと思います。

この本の中で山田ズーニーさんは、働くためのコミュニケーション力が重要だといっています。

コミュニケーションにも種類があって、働くためのコミュニケ-ション力という分野があることをこ教えてくれているのですね。

学生時代の延長線上のコミュニケーション力では「職場では通じないよ」ということですね。

そんな大切なことを知らない私は、人から見るとコミュニケーション力は周囲とは劣っていたのでしょうね。

いけてると思っていたのに・・・。

そんな重要なことに気づかせてもらえる本なのに、この本の値段はどうでしょう?あまりにも安すぎませんか。

この本を読めば職場の星にすらなれることができる。

といってくれているのですから、新しい気づきがあります。

もう大丈夫です。

つまり職場の星と言われる人にはコミュニケーション力があると言うことなのです。

つまり職場の星と言われる人にはコミュニケーション力があると言うことなのです。

就業時間外のコミュニケーション力とは訳が違います意味も違います。

コミュニケーション力とはいったい何なのでしょうか。

日常的に不自由なく話したりメールしたりしているので、コミュニケーションはできていると思っていて何も気にしていなかった。

そういった方は多いのではないでしょうか。

コミュニケーション力とは相手を理解する、自分の考えていることを伝える技術のことでしょう。

職場でのコミュニケーション力とは、仕事で使う最高レベルの意思疎通力でなければなりません。

そのための答えをこの本が教えてくれています。

えっ?最高レベルなの?

そうです!。

では、あなたの最高レベルの能力を発揮する場が仕事の場でなくて他にありますか?

くり返しになりますが、もう一度タイトルを見てみましょう。

悩むあなたに、ヒントになる要素が隠れていることに気がつきますか。

このタイトルには、

1.半年

2.職場

3.星になる

4.働くための

5.コミュニケーション力

という言葉で構成されています。

この本のタイトルに使われている言葉だけでも会社の中で迷ったり悩んだりしている新人や異動してきたひとの悩みに答えるヒントが詰まっています。

自分のコユニケーション力に悩んでいるひとは、その問題解決に向けて進んでいけそうな、希望の光を灯してくれます。

この本を手にする人は、きっと本気で仕事をしたいと真剣に思いそのヒントを探しているひとに違いありません。

コミュニケーション力の改善に取り組むと、半年で職場の星になれる、結果が現れると書いてあります。

話す、書く、読む、聞くのことへの真剣な取り組みによって、半年で自分を輝かせた方法を具体的に教えてくれます。

上司や同僚とのコミュニケーション力の向上が成果に結びついた。

著者が変えたことはコミュニケーションだといっています。

強いメッセージが込められています。

とくに新人に対してです。

新人にとっての「人を説得する力」とは、人を変える力ではない。

「人を認める力」だ。

上司を説得するな!

上司を認めろ!

「人を説得する力」の部分を「コユニケーション力」と読み替えるともっとよくわかります。

この本を読んで実行したひとと、そうでないいととの間には、大きな実力差が生まれるに違いありません。