コンサルタントとして独立を目指しているあなたへのアドバイス。この記事がきっと役立ちます。

コンサルタントとして独立をを目指しているあなたへのアドバイス。

コンサルタントと聞くと企業相手に経営の指導をする頭のいい人。

スマートで頼りにされ尊敬される人。

そんなイメージを持たれるかもしれませんが、

実際にはそういった人ばかりではありません。

お客さんの問題を専門的な知識・知恵・ノウハウ・技術を使って解決する人のことをコンサルタントだと言えるのではないでしょうか。

しかし、現実には多くの分野の知識と経験を持ちながら、クライアントに具体的なプランとアクションを示すことの出来る人は多くはありません。

その理由は、コンサルタントを始める前までの経歴は重要です。

企業の中でたくさんの経験を積むチャンスは少なく、事務や現場、転勤などの職務や管理経験はコンサルタントとして問題解決の提案を行う上での拠所となります。

またそれらの経験を積むにはそれなりの規模の企業の中での仕事を行ってきた実績も必要になります。

企業の中での実務経験がない場合はコンサルタント会社で働いてみること

それらのマイナス面を補うためには、コンサルタント会社に所属して活動するとで自分に不足する部分を補って貰えます。

経験が少なくても総合力があるのでコンサルタントは所属する会社の社会的な信用のもとに経験ある上司などとチームを組んで活動することが可能になります。

個人的には、そういう組織の中で仕事をすることで全方位的なノーハウを身につけることができます。

またコンサルタント会社で仕事を行ってきた実績、信用(箔が付く)が、その後独立してからもおおいに役立ちます。

もしあなたがクライアントの立場だったら

①バックグラウンドがよくわからないコンサルタント

②所属していたコンサルタント会社が明確でその中での実績が明らか

そんな2人のコンサルタントのどちらを選択するでしょうか。

そういった経歴を持たない人のコンサルタントの始め方。

あなたがプレゼンテーションの晴れ舞台で、経験豊かなクライアントの前では歯が立ちそうにない事が予想されます。

それは、計画を実行する上で、その実務において社内にスキルが足りない場合などには、コンサルタントにそれを求められる場合があります。

ただ、どこの会社にその需要があって、コンサルタントの誰がそのスキルがあるのかがわからないので、お互いの人的ネットワークで探す必要が生まれているのが現状です。

マッチングアプリなどヘの登録も必要でしょうし、商工会議所に加入するなどの活動は不可欠です。

コンサルタントを始めたいと考える人の不安

会社を退職する段階などで、自分のネットワークからコンサルタント(実務提供も含む)の依頼がある場合はまず、その仕事をこなすことで実績と信用が生まれますから、そういった仕事を疎かにせず獲得することを優先することをお勧めします。

スキルと経験がさび付かないし経験がアップデートできるので、時代の要求にも対応できるようになります。

コンサルタントを始めたいと考える人は、自分の力がどの程度通じるものなのかがわからないので不安で仕方ないと思います。

そういったことについて知っておくとコンサルタント業にスムーズに入っていけます。

コンサルタントは財務諸表を見ながらあれこれと経営の方向性の話をするわけではありません。

この分野に関しては、すでに税理士や公認会計士の専門家が解説してくれているはずです。

もちろん中小企業診断士との顧問契約があるなら、そういったことも解説してくれるでしょう。

もちろんそのような基礎的なことの知識が必要ですが、それ以外にも、企業にはときにコンサルタントを必要とするたくさんの分野があります。

ざっと思いついた例を上げると、

  • システム系
  • インターネット広報系
  • マーケティング
  • 人事
  • 採用
  • 労務管理
  • 給与計算
  • 庶務
  • 社会調査
  • 販売
  • 経営
  • 組織
  • 生産
  • 管理
  • 企業の統廃合
  • リストラ
  • 健康保険組合や企業年金など
  • リスクマネジメント(危機管理)
  • CSR
  • 調査

等が思いつきました。

そのほかに時代のトレンドに関する社内対応などのスポット的何コンサル業務もあります。

派遣社員に関すること、時給に関わる問題やインボイス精度など、新しい法律についての対応などは、その対応に外部の力が必要な場合が多くあります。

監査法人や、税理士などはそういった事を成果の領域として取り込むためにコンサル業務を行う場合が多くあります。

そう行った場合には、そういった会社でも人材不足が起こっているので、そういった組織の仕事に組み入れてもらうことで、コンサルタントとして機能することができます。そして、その後も継続して、こんどは個人のコンサルタントとして契約することもできるチャンスがあります。

つまり、あなたがこれまで培ってきた経験を使って、

お客さんが抱えている問題を解決してあげることができれば、

それはもう立派なコンサルティングになります。

顔見知りであることや、仕事ぶりを見てもらえていた場合などは有利なことはおわかりでしょう。

もっと実務に即した例を挙げると

ある整体師の方は、自分の整体院へお客さんを集めることが

とても上手くいっていました。

そこで、その集客のやり方を同じような整体院の方に提供してみました。

その結果、すぐに数千万円の収入になり、その本人が「めちゃくちゃ驚いた」ということが実際にあったそうです

他にも、化粧品通販会社のマーケティング担当の方で、勤め先の会社は好きだったのですが、始発から終電まで働かければならない過酷な労働環境と出世すればするほど、忙しくなる現実を知り会社を辞めることを決意しました。

そして、これまでの実務経験を活かして起業。

同じ業界でマーケティングに困っている方に指導をするようになり、働く時間が減り、サラリーマン時代の2倍以上の収入が手に入るようになりました。

こんな風に、これまでの経験で学んだ自分の知識やスキルを活かして、困っている人の問題を解決してあげれば、それはお客さんにとって、とても価値のあるコンサルティングになります。

その結果、お客さんからとても喜ばれますし、サラリーマン時代をはるかに上回る収入が手に入るというそんな可能性だってあるんです。

(たとえ、労働時間が減ったとしてもです。)

しかも、コンサルタントになるために新たな知識を身につける必要は一切ありません。

多額な資金や特別なコネも必要ありません。

必要なのは、あなたのこれまでの”経験”たったそれだけです。

これまで緒藩視してきた内容をうまく整理してより実際に役立つようにまとめた書籍があります。

最初から読まなくても前後しながらでも項目ごとに目を通すと、あなたの頭の中を整理してくれると思うのでお勧めします。

コンサルタント企業成功法則大全(ローリスクで確実に経済的成功を手にする最速・最短の方法)

この書籍はきっとあなたの役に立つはずです