広告

あなたは、文章を書くのが得意ですか?。「ライティングはアートではない、スキルである」と言います。芸術ではないので、これをまねしていけばすぐになんとかできます。

あなたは、文章を書くのが得意ですか?。「ライティングはアートではない、スキルである」芸術ではないので、これをまねしていけばすぐになんとかできます。

残念ながら、得意とは言えない人が多いのではないかと思う。

私もその一人でした。

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、

最も面倒で敬遠されているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないでしょうか。

ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、それは間違いです。

もしあなたがメールを利用するなら、もしあなたがツイッターやフェイスブックに参加しているなら、もしあなたが資料を作るなら……。

ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、そしてフェイスブックやツイッター、ユーチューブなど、すべてのコンテンツには書くことが求められている。

そういう意味では、誰もがライターとしておスキルなくしては生きてはいけない社会なのです!。

だけど、本当は書くことに自信がないといういう人は多いはずです。

そんな技術は学校で習ってこなかったからです。

しかし“書くのが苦手”という人にすべてを解決してくれる本があります。

その本は「ライティングはアートではない、スキルである」と言い切っている。

また、「基本的なスキルを身に付ければ、誰でも書けるようになる」と教えてくれます。

そして、書くための具体的な方法(64個もの法則!)までも教えてくれます。

もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介してくれる。

だから、それに沿って書くことではじめはスキルが身についてなくても書き進めることができます。

今よりもっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れることでしょう。

書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものである。

「ライティングは習慣であって、アートではない」

インターネットマーケティングにおいてコンテンツが重要とされている今、

この言葉はまさに金言と言えます。

ふと日常生活を振り返ってみれば、あなたもすでに自分が毎日「書く」

という作業をしていることに気づくはずです。

電子メールを書き、FacebookやTwitter、Instagramに投稿している・・・

あるいは有名人のブログにコメントを書き込んでいるかもしれません。

そうした投稿のすべてがライティングであり、書かれたものすべてがコンテンツなのです。

特に企業が発信するコンテンツに関しては売りにつながる記事を書かないと、

ごみくず同然になってしまいます。

売りにつながる記事を書くための「64の法則」を知らなければ、

どんなにコンテンツを増やしても、あなた会社の商品やサービスに

興味を持ってもらうことは厳しいでしょう。。。

コンテンツ・マーケティング64の法則(著者:アン・ハンドリー)

基本的なルールを知れば

誰でもお客が集まるコンテンツを作れる!